・分子間力:分子間力と分子間相互作用

山口 悟 茨城県立日立第一高等学校 〒317-0063 茨城県日立市若葉町3丁目15番1号 その1 分子間相互作用 分子間力とはいったい何なのでしょうか。高校化学の教科書や資料では,ちゃんと書いてあるのか無いのか,正直わ…

Read more... ・分子間力:分子間力と分子間相互作用

静電気防止剤の静電気防止効果に関する研究

 毎冬、静電気の発生を防止するために色々な場面で静電気防止剤が使われている。静電気防止剤の主成分は界面活性剤であり、衣服に塗布することで表面に界面活性剤の膜が形成される。空気中の水分子が界面活性剤と結びつき静電気の帯電が…

Read more... 静電気防止剤の静電気防止効果に関する研究

高等学校における課題研究の蓄積を活用できる仕組みの開発 ―高校生のための論文誌 “student” JAPANESE JOURNAL OF STUDENTS―

平成28年度12月の中教審答申で「観察・実験の結果などを整理・分析した上で、解釈・考察し、説明すること」などの資質・能力に課題が見られると指摘されている。このようななか、我々は、次の(1)と(2)に問題点に着目した。(1…

Read more... 高等学校における課題研究の蓄積を活用できる仕組みの開発 ―高校生のための論文誌 “student” JAPANESE JOURNAL OF STUDENTS―

熱力学的観点からのハロゲン化アルカリ塩の溶解度に関する考察

 一定温度、一定圧力の下で、溶質が一定量の溶媒に溶ける限界量を溶解度という。本研究では物質の溶解現象が、物質のどのような性質により引き起こされるのかを明らかにするため、結晶構造が単純で1価の単原子陽イオン・陰イオンから成…

Read more... 熱力学的観点からのハロゲン化アルカリ塩の溶解度に関する考察

ディープラーニングを用いた画像認識におけるエポック数と識別精度の関係についての研究

 学習用データの学習回数(エポック数)を一定以上増加させると、過学習が発生する。過学習を回避する方法として、Dropoutや正規化が挙げられる。本研究ではディープラーニングによる画像認識においてエポック数を増やしたときに…

Read more... ディープラーニングを用いた画像認識におけるエポック数と識別精度の関係についての研究

プロトンタイプY型ゼオライトを用いた安全なエステル化反応の確立

 一般に、エステル化反応において濃硫酸が酸触媒・脱水触媒として用いられているが、人体への危険性が極めて高い。一方、プロトンタイプY型ゼオライト“H-FAU”は安全な結晶酸化物であり、酸触媒・脱水触媒としての働きを有する。…

Read more... プロトンタイプY型ゼオライトを用いた安全なエステル化反応の確立

市販されているポンプ型手洗いセッケンの対費用効果に関する研究

 市場には多くのポンプ型手洗いセッケンがあり、その種類は大きく分けて、泡タイプ、液体タイプ、ジェルタイプの3種類である。消費者の観点から、対費用効果の高いポンプ型手洗いセッケンを選択することが重要である。そこで本研究では…

Read more... 市販されているポンプ型手洗いセッケンの対費用効果に関する研究